欧州関連

ポーランドの運送業者と政府が合意、ウクライナ国境の封鎖は17日に解除

ロイターは16日「ウクライナ国境を封鎖し続けてきたポーランドの運送業者は『一定の条件』で政府と合意に達し、この抗議活動の主催は17日午前11時に封鎖を解除すると発表した」と報じており、70日以上に及んだポーランドの運送業者による国境封鎖は明日解除される。

参考:Polish truckers reach deal with govt, will suspend protest – organiser
参考:Уряд Румунії досяг угоди з фермерами, які блокували кордон з Україною

ポーランド運送業者と政府が合意、ルーマニア人農民による封鎖も解除に向けて前進

ポーランドの運送業者は「EUとウクライナ間で締結された陸上輸送に関する自由化協定の取り消し」や「ウクライナの運送業者に対する許可取得の復活」などを求めクラコヴェッツ検問所、ヤゴディン検問所、ラーヴァ・ルーシカ検問所を封鎖、数千台のトラックがポーランドとウクライナの国境地域に長い列を作り「陸上輸送の物流」に深刻な問題を引き起こしていたが、遂に政府と運送業者の間で合意が成立した。

出典:管理人作成(クリックで拡大可能)

ロイターは16日「ウクライナ国境を封鎖し続けてきたポーランドの運送業者は『一定の条件』で政府と合意に達し、この抗議活動の主催は17日午前11時に封鎖を解除すると発表した」と報じており、70日以上に及んだ運送業者による国境封鎖は明日解除される見通しだ。

さらにルーマニア人農民によるポルブノエ検問所とビコブ・デ・スス検問所の封鎖についてもEuractivは16日「ルーマニア人農民と政府との間で合意(13の要求)が成立した」と報じている。但し、農民の代表は「検問所の封鎖解除は政府と(ルーマニア)運送業者の交渉結果に左右される」と述べているため、両検問所の封鎖解除にはもう暫く時間(最速で18日以降)がかかる。

関連記事:ウクライナ国境の封鎖72日目、ルーマニア人農民も2つの検問所を封鎖
関連記事:ポーランド首相、現政権で反ウクライナ的態度をとる人間は絶対に許さない
関連記事:ウクライナ国境の封鎖61日目、ポーランド人農民が検問所の封鎖を再開
関連記事:ウクライナ国境の封鎖51日目、ポーランド政府が一部封鎖の解除に成功
関連記事:ポーランド人が抗議活動を再開、ウクライナへの入国を待つトラックは5,000台以上
関連記事:ウクライナ国境の封鎖45日目、再開される抗議活動は来年3月まで続く可能性
関連記事:ウクライナ国境の封鎖43日目、ポーランドの裁判所が抗議活動の再開を許可
関連記事:ポーランド新首相、民主主義のために戦うウクライナへの支援を呼びかける
関連記事:ウクライナ国境の封鎖38日目、ヤゴディン検問のみ封鎖の解除が実現
関連記事:ウクライナ国境の封鎖33日目、ドローンや暗視装置の輸入に数週間の遅れ
関連記事:26日目に突入したウクライナ国境の封鎖、スロバキア人も12月1日から封鎖に合流
関連記事:ポーランド運送業者によるウクライナ国境の封鎖、2024年2月1日まで延長
関連記事:ウクライナ国境の封鎖は19日目に突入、人道援助、LNG、ガソリンの輸送に支障
関連記事:ポーランド人によるウクライナ国境封鎖は15日目に突入、トラック輸送が停滞

 

※アイキャッチ画像の出典:Serhiy Derkach

ウクライナ国境の封鎖72日目、ルーマニア人農民も2つの検問所を封鎖前のページ

フーシ派の攻撃能力は7割以上が健在、米軍は標的を見つけるのに苦労次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ドイツ政府、国内から核兵器撤去とF/A-18E/F購入撤回を迫られる

    ドイツのカレンバウアー国防相が独断で戦闘機F/A-18E/F購入の意思…

  2. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領、ロシア軍は逃げ出すか降伏するかを選択する時が来た

    ゼレンスキー大統領は29日、ウクライナ南部で開始された反撃について「ロ…

  3. 欧州関連

    SpaceXは無人機制御へのスターリンク使用を制限、ウクライナ側は問題ないと主張

    米SpaceXは「無人機制御にスターリンクを使用する行為は契約の範囲を…

  4. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領、今直ぐ我々のNATO加盟を認めて欲しいと訴える

    ウクライナのゼレンスキー大統領はCNNのインタビューの中で「我々がNA…

  5. 欧州関連

    スロバキアがドイツの要請を拒否、レオパルド2A4の提供数が少なすぎる

    スロバキアはドイツから「レオパルド2A4を提供するので保有するT-72…

  6. 欧州関連

    英国防省、ロシアは苦境のウクライナ侵攻を隠匿するためSNSを制限

    英国防省は26日、ロシア政府はウクライナ侵攻の苦境を自国民に隠すためソ…

コメント

    •    
    • 2024年 1月 16日

    ww2でもあった
    ソロモンの戦いの真っ最中に連合軍拠点のオーストラリア港湾労働者がストライキ
    イギリスでも炭鉱労働者がストライキ
    アメリカの兵器工場では黒人の正規雇用を巡ってストライキ

    無事解決してなにより
    不協和音もあるが、大勢としてウクライナ支援の潮流は途絶えそうもないね

    26
      • 匿名
      • 2024年 1月 16日

      抗議側からすれば最大限抗議活動の効果が出るタイミングを狙うのは当然の話なので、農民や輸送業者達が無関係な他国の野次馬から叩かれまくったのはまぁ…理不尽ではあるよなぁ…🤔

      19
    • うくらいだ
    • 2024年 1月 16日

    解決するための方針が決まりこれからEUなどと協議するという政府とポ運送業者との合意って感じですね
    解決するために一歩進んだ感じで、あとは協議内容次第ですね

    効果が満足できない場合は、また来ますね!

    12
    • ふむ
    • 2024年 1月 16日

    いつの時代も一番揉めるのが負担の押し付け先
    果たして運送業者から誰に負担を移すのか…
    これからも注目ですね

    8
    • 古銭
    • 2024年 1月 16日

    あくまでデモとポーランド政府間での合意であり、問題が解決した訳ではありませんが、一歩前進したのは喜ばしいことです。
    デモの中止は今のところ2月末までであるため、ポーランド政府によるEU・ウクライナとの交渉やウクライナ運送業界等への監視が十分に行われなければ問題は再燃するでしょう。

    15
    • たむごん
    • 2024年 1月 16日

    封鎖解除で合意した事は、喜ばしいですね。
    『一定の条件』が妥結しなければ、国境封鎖が再開する可能性があるため、どうなるのか見守りたいと思います。

    どこか・誰かが妥協する必要は、あるでしょうね。

    7
    • 名無し
    • 2024年 1月 17日

    同じドライバーとして頑張った彼らに祝福を!

    7
    • ポンポコ
    • 2024年 1月 17日

    合意の内容は何だろうか?

    3
    • miyagoshi
    • 2024年 1月 17日

    見込み条件による合意をしたところで、束の間の休息にしかなるまい。
    これから国外の交渉相手の傲慢さに戦慄することだろう。
    自己決定権を持たない事項について口約束したものは、破られる結果になる。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
PAGE TOP